ホーム > 出雲、エミシ、クマソからみたNation Building 民族の創出 > 書評 > 北海道新聞 2014年10月12日 本の森

北海道新聞 2014年10月12日 
本の森

 

 「民族」という概念は19世紀末まで日本を含む東アジアには存在しておらず、明治大正期には、出雲民族はヤマト民族と別の民族という見方が強かった。東北のエミシや南九州のクマソの復権運動なども詳述しつつ、風土記など多くの史料に基づき「日本は単一民族の国ではない」と主張する、刺激的な論考。

 

1994年、関西アテルイ顕彰会が京都清水寺の境内に建立した「アテルイ、モレの碑」
1994年、関西アテルイ顕彰会が京都清水寺の境内に建立した「アテルイ、モレの碑」
アテルイ、モレの碑の前で行われる慰霊祭(2011年11月撮影)
アテルイ、モレの碑の前で行われる慰霊祭(2011年11月撮影)