民族の創出 総目次

はじめに

 

第1章 出雲からみた民族の創出 1-55

1 漢字語「民族」の誕生 
 (1)NATIONの訳語 
 (2)幕末のわれわれ意識 
2 神武創業の始めに原づく王政復古 
 (1)神話時代への回帰 
 (2)出雲信仰の排除と国家神道 
3 大和民族の登場 
 (1)記紀神話に基づく民族の創出 
 (2)倭神話と出雲 
4 出雲民族の誕生 
 (1)出雲民族概念の出現 
 (2)出雲民族意識の発生と広がり 
 (3)複数層の民族概念 
 (4)民族の違いを実感させたもの 
 (5)戦後の出雲民族論 
5 民族のるつぼとしての混合民族論 
6 民族概念再構築の課題 
 (1)日本のマジョリティは何民族か? 
 (2)まつろわぬ人々の復権 

 

第2章 言語不通の列島から単一言語発言への軌跡 57-91

1 言語不通の列島 
 (1)時代劇のうそ 
 (2)文語を話す 
 (3)江戸時代の共通語は漢語? 
 (4)標準語不在の明治前半期 
2 国語と標準語の創作
 (1)標準語と国語の登場―東京山手の教育ある中流家庭の言葉 
 (2)天皇家の母語喪失―標準語になれなかった京都言葉 
 (3)人工の言語―標準語の創造 
 (4)民族国家の希求と方言の撲滅 
3 出雲言葉からみる言語画一化の過程 
 (1)ラジオ放送の始まりと方言コンプレックス 
 (2)日本語均質化の完成 
4 言語と方言の境界 
5 風土と文化と言葉 

【資料1】山浦玄嗣『ケセン語入門』序論「母なる国ケセン」(抜粋) 99-106
【資料2】山浦玄嗣『ケセン語の世界』(抜粋) 106-108

 

第3章 二人の現津神―出雲からみた天皇制 109-154

1 出雲国造―天の下造らしし大神の祭祀王 
 (1)1世紀で乖離した国造と天皇の知名度 
 (2)古代出雲王の末裔 
 (3)前近代における出雲国造の権威 
2 王権を受け継ぐ御杖代―国造の火継式と天皇の大嘗祭 
3 天皇の変貌―祭祀王から絶対神へ 
 (1)スメラミコト―古代ヤマト王の末裔 
 (2)幕末のミカド―山城国の宗教的権威 
 (3)操り人形の玉 
4 二人の生き神と民衆 
 (1)天子(様)の宣伝―天皇像の民衆への浸透 
 (2)国造の巡教、天皇の巡幸 
 (3)民衆の生き神信仰と国造、天子 
5 出雲の抹殺? 
 (1)祭神論争と出雲の周縁化 
 (2)政治家への転向 
 (3)祭祀権を失った現津神―天皇存在の意義 

 

第4章 創られた建国神話と民族意識―記紀と出雲神話の矛盾 155-187

1 記紀神話と出雲 
2 神話を根拠に成り立つ国家と大和民族 
3 大和神話と出雲神話の矛盾 
4 戦後の建国神話教育―戦前との連続性 
5 いくつもの創世神話が共存する多元社会 

 

第5章 島国観再考―内なる多文化社会論構築のために 189-250

1 日本の島国観と単一文化論 
 (1)孤立した島国の農耕民という自画像 
 (2)対馬・宮古島からみる島国論の矛盾 
 (3)大きな島の小さな根性 
2 人を繋ぐ東アジアの巨大な内海
 (1)逆さ地図が語るもの 
 (2)国引き神話と海流の道 
 (3)海の道のフロンティア 
3 新羅や越と結ぶ出雲の海人文化 
 (1)新羅と結ぶ出雲 
 (2)越前の反り子と小羽山30号墓 
 (3)出雲地名とオオナムチの伝承 
 (4)寄り神信仰とケタ文化圏 
 (5)海人文化の伝播―アイの風と出雲節 
4 近代国家の誕生と人を隔てる海への転換
 (1)近世まで続いた海の道 
 (2)裏日本の創造 
 (3)水上から陸上へ―交通網の転換と南北の逆転 
 (4)本州北岸域の人為的凋落とヤマト起源史観の拡がり 
5 裏日本の復権と多元社会観の構築 
 (1)日本海文化論を巻き起こした出雲型墳墓 
 (2)海でつながる多元世界 

 

第6章 アテルイ復権の軌跡とエミシ意識の覚醒 251-299

1 エミシをめぐる自意識と他者認識 
 (1)民族国家の形成とエミシ 
 (2)矛盾する自己認識 
 (3)中近世から近代日本における他者による奥羽・東北観 
2 アテルイの戦いと悪路王の伝説 
 (1)ヤマトの侵略とエミシの抵抗 
 (2)東北の鬼と悪路王の伝説 
3 東北「熊襲」発言事件にみる現代日本のエミシ観 
 (1)大阪商工会議所会頭がもらした畿内人の東北観 
 (2)東北人の怒り 
 (3)再生産される東北人蔑視観 
4 エミシの末裔という自意識 
5 アテルイ復権を導いた人々とその思い 
 (1)一力一夫河北新報社長 
 (2)「延暦八年の会」と「アテルイを顕彰する会」 
 (3)関西アテルイ顕彰会(北天会) 
 (4)映画「アテルイ」と鳥居明夫・シネマとうほく社長 
 (5)アテルイ復権をめぐるその他の動き 
6 東北の風土が育むエミシ民族 

 

第7章 クマソ復権運動と南九州人のアイデンティティ 301-348

1 熊本県球磨郡免田町のクマソ復権運動 
 (1)クマソの子孫というコンプレックス 
 (2)免田町一職員の奔走とクマソ復権元年 
 (3)鎏金神獣鏡がシンボル 
 (4)クマソ復権運動の始動 
 (5)のクマソ復権を目指すドラマ作り 
 (6)ドラマ後のクマソ復権運動 
2 クマソ・ハヤトとは何者か 
3 ヤマト勢力の南進とクマソ・ハヤトの抵抗 
 (1)広大な日向国とヤマト勢力の南限 
 (2)薩摩国の創設(702年) 
 (3)大隅国の創設(713年) 
 (4)ハヤトの蜂起(720年~721年) 
4 ネイション・ビルディングの中で創られたクマソ民族像 
 (1)教科書に書かれた熊襲 
 (2)日常生活に息づくクマソ伝説 
5 クマソ・ハヤトをめぐる自意識 

 

第8章 新たな民族の誕生―池間民族に関する考察 349-377

1 誇り高き池間民族 
 (1)映画「さよならニッポン!」と池間島 
 (2)池間島を元島とする移民の末裔 
2 池間民族をめぐる言説 
3 池間民族意識を根拠づけるもの 
4 民族とは何か? 
5 宮古諸島の多様性と池間民族 
6 多元社会・日本における民族観 

 

終章 同質社会幻想からの脱却と多元社会観の構築 379-401

1 単一民族発言が望むもの 
2 単一民族ではなく、同質民族ならいいのか? 
3 高度経済成長期の企業社会構造と同質化 
 (1)企業社会と単一社会 
 (2)企画大量生産型近代工業社会の体質と気質 
4 多元社会観への転換 
 (1)郷土を犠牲にする国家 
 (2)網野善彦が残した課題 
 (3)多元国家としての日本像 

 

あとがき

 

【コラム】

 三宅米吉「国々のなまり言葉につきて」 71
 伊勢神宮の改造と神々の抹殺 140
 漂流がもたらした文化の伝播 201
 映画「アテルイ」製作上映の呼びかけ(抜粋) 285
 映画「アテルイ」エンディング(ATERUI will HERO) 287
 アタカラの星 371